たまの休みくらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
熟豚(じゅくとん) 京都市山科区竹鼻西ノ口町
2017年12月29日 (金) | 編集 |
お気に入りのトンカツ屋「熟豚(じゅくとん)」さん。
御陵(みささぎ)駅近くの少し不便(?)な場所から、
この度、山科駅近くに移転しました。
これも出世ですかね~



立派になりました!
jyukuton1712_01.jpg

JR山科駅から徒歩10分弱。
焼き鳥屋なんかが集まっている府道117号線沿い。
開店5分前に着いたら、待ち客6名ほど。



店内の様子
jyukuton1712_02.jpg

以前はカウンター席のみだったけど、
新店舗はカウンター2席、二人掛け席6卓、4人掛け席1卓。
バイトの店員さん(たぶん)が頑張っていて、
一人客から小さな子供連れまでOKな雰囲気です。



メニューの一部
jyukuton1712_03.jpg

お得なランチは平日のみになった模様。
他には京都中勢以の熟成豚といった高級メニューもあり。
結構周りが頼んでいてオオッと思った(笑)
ダイエット中(?)だったので、ロースカツ定食を注文しました。



調味料
jyukuton1712_04.jpg

スパイシーな辛口ソース、フルーツの入った甘口ソース、甘い屋久島醤油、
アンデス岩塩、柚子ドレ、ゴマドレ。
いろいろ試しましたが、個人的には辛口ソースが好みでした。



ロースカツ定食 1,250円(税抜)
jyukuton1712_05.jpg

注文してから30分以上待ちました、覚悟のうえです。
艷やかに揚がったカツがキレイだね。
生姜がほんのり効いた白味噌の豚汁。
ねっとりとした豚肉の佃煮。
これだけで大盛りご飯が食べられるわ。



ロースカツアップ!
jyukuton1712_06.jpg

ピンクに揚がったカツの断面がきれい。
プリッとした弾力があって、肉汁がじわり。
端部分の脂身が甘いね。
衣はピタッと付いていて、少し柔らかめかな。
もっとでかいサイズを頼めばよかった!


相変わらずうまいトンカツでした。
豚汁、佃煮、ご飯、漬物といった脇役もいいね。
今ではすっかり人気店ですが、親切な接客は変わらず。
待ち時間が長いのはツライけど、それくらい我慢します。
どうもごちそうさまでした。


「熟豚(じゅくとん)」
京都府京都市山科区竹鼻西ノ口町57-1
11:30~14:30
17:30~21:30(金土日祝は22:00まで)
木曜休み
PHONE 075-595-0295
https://www.facebook.com/tonkatujyukuton/


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!
スタンド富 大阪市阿倍野区阿倍野筋
2017年12月17日 (日) | 編集 |
最近飲みにく行くとといえば、難波か福島ばかり。
これじゃいかん、いかんよってことで、天王寺に行ってきました。



ルシアス地下にあります
tomi1712_01.jpg

あべのハルカスなんて目にくれず、
訪問したのは「スタンド 富」さん。
立ち飲みではなく椅子がありのもいいね。



メニュー(クリックすると拡大します)
tomi1712_02.jpg

tomi1712_03.jpg

海鮮メニューに力が入っているみたい。
日本酒も手頃な価格で良い銘柄が揃っています。
メニューには載っていませんが、獺祭もありましたよ。


喜多屋 純米大吟醸 380円
tomi1712_05.jpg

喜多屋は福岡の酒。
スッキリとしてきれいな味わいの大吟醸。
お代わりには「忍者」をいただきました。
ネーミングで酒を選ぶのも楽しからずや。



富刺身盛り合わせ 580円
tomi1712_04.jpg

ハンパじゃないな、この盛り具合。
魚と貝で11種類。どれも新鮮だ!
炙りはほんのり温かく、炙り立てですな。
二切れ具合かなと思ったのも全て一切れで、
分厚く食べ応えのある刺身でした。



カキフライ 380円
tomi1712_06.jpg

少し揚げ過ぎかなっと見た目で判断しちゃいましたが、
一口齧ると汁がピュッ!
これが生牡蠣の力か・・・


ほろ酔い気分で終了。
なんといっても刺身の盛りが凄かった!
日本酒もリーズナブルでいい感じ。
こんな店があったなんて・・・不覚!
どうもごちそうさまでした。


「スタンド 富」
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-5-1 ルシアスビル B1F
11:00~14:30(土日祝は15:00まで)
16:00~22:30(土日祝は15:00から)
年中無休
PHONE 06-6649-0394


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!
シャンティーランカ (SHANTHY LANKA)  兵庫県宝塚市平井
2017年12月10日 (日) | 編集 |
宝塚市の山本にある「シャンティランカ」さん。
家庭的なスリランカ料理のお店です。
阪急の山本駅から歩いて3分ほど。



両隣は閉まってました・・・
shantilanka1711_01.jpg

山本駅って阪急宝塚線にあって、住宅街の駅って感じ。
駅前にはコンビニも商店街もなくて、
ここでスリランカ料理屋ってやっていけるんやろか?



こぢんまりとした店内
shantilanka1711_02.jpg

4人卓が2つに、二人卓が3つ。
スリランカ人の女性と男性の2名体制。
家庭的な雰囲気で、接客も腰が低く丁寧です。



ランチメニュー
shantilanka1711_03.jpg

shantilanka1711_04.jpg

当たり前だけど、ランチはスリランカ料理のみ3種類。
せっかく来たんで、一番高いCセットをポークカレーで注文。
店員さんからポークは少し辛いですよって忠告あり。



ミニマンゴージュース
shantilanka1711_05.jpg

ちっちゃなマンゴージュースの登場。
濃厚で甘いですな。
お酒みたいにちびちびといただきました。



Cセット 1,500円
shantilanka1711_06.jpg

葉っぱの上に盛られてくるとテンション上がるね!
ライスを囲むカレー(惣菜)はオーソドックス。
ピンクのビーツ、青菜、ココナツのポルサンボル。
豆や小魚のカレーもあって、スリランカって感じですわ。
スパイシーだけど派手すぎないバランスの取れた味わい。
ライスはお代わりできますよ。



ポークカレー
shantilanka1711_07.jpg

サラッとしたポークカレー。
角切りポークがゴロゴロ入って食べ応えあり。
結構スパイシーで辛くて汗が出てきました。
店員さんがティッシュを持ってきてくれたよ(笑)



デザートとキリテー(紅茶)
shantilanka1711_08.jpg

デザートはワタラッパンとキリパニ。
意外にも甘さ控えめで素朴な味わい。
キリテーの香りもいい。


いや~良かったですわ。
どの料理も丁寧に作ってあって、程よくスパイシー。
って、ポークカレーは結構スパイシー(笑)
お店の雰囲気がのんびりしていて、店員さんも優しい。
この店のファンになっちゃったよ。
どうもごちそうさまでした。


「シャンティーランカ (SHANTHY LANKA)」
兵庫県宝塚市平井2-7-11
11:00~15:00
水曜、第3土日休み
PHONE 0797-89-1215
https://twitter.com/shanthi_lanka


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!