たまの休みくらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
日進月歩 岡山県津山市本町
2016年02月27日 (土) | 編集 |
岡山県の津山に行ってきました。
さっそく観光するつもりだったのですが、
まずはお腹を満たさねば!



何の店でしょう?
nissinngeppo1602_01.jpg

訪問したのは「日進月歩」さん。
衣料雑貨の「キゾウ」が手掛ける蕎麦屋さんで、
「KIZOW-MIZUNO」に同居しています。
入口左の雑貨店内を通って蕎麦屋に向かうという、
男性にはちょっとした羞恥プレイ(笑)



店内の様子
nissinngeppo1602_02.jpg

隠れ家的な雰囲気ですね。
写真と反対側の大テーブルの上には、
高瀬舟がぶら下げてありました。



メニュー
nissinngeppo1602_03.jpg

nissinngeppo1602_04.jpg

nissinngeppo1602_05.jpg

せっかくなので蕎麦御膳を注文したところ、
そば豆腐とソバロアが切れてしまったとのこと。
それじゃ御膳じゃないじゃんと思いましたが、
そばがきの大きさアップと甘酒で手を打ちました。
大人になった私(笑)



もりそば
nissinngeppo1602_06.jpg

盛り付けた器がいいね。
あまりそういうところは気にしない私でも、
店の雰囲気に合ってると感心しました。



そばアップ!
nissinngeppo1602_08.jpg

蕎麦は細切り。
適度な固さと腰があり、
繊細さが感じられます。
丁寧に打たれてますね。
香りの方はまあまあかな(何様!)
つゆがきりりと濃厚なのもいい。



そばがき
nissinngeppo1602_09.jpg

もりそばを食べ終わった後に登場。
お椀1杯のそばがきのこのボリューム!
そば粉の量ならもりそばに負けてないんじゃ・・・
ふっくらもっちりとしていて、
山芋のようなねっちりとした後味。
蕎麦の甘みをしっかり味わえました。



甘酒
nissinngeppo1602_10.jpg

ソバロワ(食べてみたかった)替わりの甘酒。
アルコールは入っていないとのこと(ちょい残念)
予想以上の自然な濃厚な甘さにビックリ。
こりゃデザート代わりが務まるわ。


おしゃれ系蕎麦屋さんでした。
女性客が多いのもうなずけます。
でも蕎麦はいたって正統派。
混んでいて蕎麦が出るのは遅かったけど、
食後はすっかり満足(単純?)
どうもごちそうさまでした。


「日進月歩」
岡山県津山市本町3-20
11:30〜14:0
火曜休み
PHONE 0868-22-0233


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!
すいば 六角富小路店 京都市中京区六角富小路西
2016年02月24日 (水) | 編集 |
京都にある「すいば」さん。
明るくリーズナブルな立ち飲み屋です。
四条河原町店には先日訪問したので、
今回は本店にお邪魔しました。



六角富小路にあります
suiba1602_01.jpg

カフェみたいな外観です
土日祝は15時から営業しているので、
遅めのランチにピッタリです(おいおい)



店内の様子
suiba1602_02.jpg

見ての通りの明るい雰囲気。
入口近くは丸テーブルもある立ち飲みスペースで、
奥はカウンターのみ。
店内は禁煙なのがうれしいね。



メニュー(クリックすると拡大します)
suiba1602_03.jpg

suiba1602_04.jpg

やっぱ安いよね~
ポテサラやもつ煮といった定番メニューもありますが、
日替わりメニューの多さが魅力です。
場所によっては見難いのがちょい難点。



ビール(300円)とポテサラ(150円)
suiba1602_08.jpg

まずはビールをぐびぐび。
ポテサラはねっとりとしたポテトと
玉ねぎのシャキシャキ感が堪らないね。



アジフライ 150円
suiba1602_05.jpg

もちろん揚げたての熱々です。
意外と肉厚で身のホクホクした感じがいい。
ソースをかけて食べるとビールに最高!
(早くもビールをお代わり)



中落ちユッケ 280円
suiba1602_06.jpg

マグロだけでなくて白身も入っているね。
ねっとりとした舌触りで、
ピリ辛でごま油のコクが効いてます。



鮭のハラス焼き 250円
suiba1602_07.jpg

これも焼き立て。
口の中に脂がじゅわ~。
ビールで洗い流さなきゃ(笑)


結局ビールを3杯飲んでお勘定。
気づけば店内がほぼ満員でビックリ(まだ4時過ぎなのに)
お会計が1,730円で2度ビックリ。

料理が出てくるのに少し時間がかかりますが、
揚げ物や焼き物が熱々なのがいい。
一見のお一人様でも気兼ねしない雰囲気もいい。
これからもお邪魔させてもらいます。
どうもごちそうさまでした。


「すいば 六角富小路店」
京都市中京区大黒町77
17:00~24:00(土日祝は15:00~)
水曜、第3木曜休み
PHONE 075-252-7770
https://www.facebook.com/すいば-六角富小路店-531805843531075/


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!
大はかや 松江市西浜佐陀町
2016年02月20日 (土) | 編集 |
出雲大社に参拝した後、
一畑電車で松江に帰る途中に、
松江イングリッシュガーデン前で下車。
向かったのは鰻の「大はかや」さん。



店の外観
oohakaya1601_08.jpg

oohakaya1601_02.jpg

国道431号線沿いにあって、
駅から徒歩5分ほど。
手前の白い建屋が入口かと思ったら、
赤い屋根の民家のような方だった(笑)
(両方とも店舗みたいです)



店内の様子
oohakaya1601_03.jpg

入口側の小上がりにご案内。
奥にはテーブル席もありました。
人気店と聞いていましたが、
平日の午後営業直後だったので貸切状態。



メニュー(クリックすると拡大します)
oohakaya1601_04.jpg

メニューは鰻のみ。
並・上・特に違いは鰻の量。
うざくや焼き肝といった一品があるのに、
なぜかアルコールは見当たりませんでした。
(別に飲む気だったわけじゃないですよ)



貼り紙
oohakaya1601_05.jpg

店内にはサイン色紙や貼り紙があって、
気になったのはこの文言。
“中年”もがっつりかさね二段を頼まなきゃ。



うなぎ丼 重ね二段(3,650円)+ご飯大盛り(100円)
oohakaya1601_09.jpg

後悔しないようにがっつり行ったった。
メニューには“うなぎ丼”あったけど、
重箱にぎっしりご飯が詰まってます。
肝吸いには桜(?)が入っていて洒落てます。



鰻アップ!
oohakaya1601_07.jpg

大ぶりの鰻は地焼きとのことですが、
意外と柔らかくてビックリ。
小骨も無く、皮もすっと噛み切れるのは流石。
鰻の脂がじゅわっと口の中に広がり美味。
たれは甘く濃厚でトロリとしていて、
炭焼きのおかげかバーベキューのような香ばしさ。
これだけでもご飯一膳はいける。


ご飯の間にも鰻が埋まっていて満足。
とても野趣あふれる味わいでした。
久し振りにゲップが出るくらい鰻を堪能。
松江旅行最後の食事を無事締めれました。
どうもごちそうさまでした。


「大はかや」
松江市西浜佐陀町304
PHONE 0852-36-8652

私が訪問した時は、
朝は10:00から、間に休みをとって15:30からの営業でした。
事前に営業日時を確認したほうが安心だと思います。



出雲大社(おまけ)
izumo.jpg


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!