たまの休みくらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
熟豚(じゅくとん) 京都市山科区竹鼻西ノ口町
2017年12月29日 (金) | 編集 |
お気に入りのトンカツ屋「熟豚(じゅくとん)」さん。
御陵(みささぎ)駅近くの少し不便(?)な場所から、
この度、山科駅近くに移転しました。
これも出世ですかね~



立派になりました!
jyukuton1712_01.jpg

JR山科駅から徒歩10分弱。
焼き鳥屋なんかが集まっている府道117号線沿い。
開店5分前に着いたら、待ち客6名ほど。



店内の様子
jyukuton1712_02.jpg

以前はカウンター席のみだったけど、
新店舗はカウンター2席、二人掛け席6卓、4人掛け席1卓。
バイトの店員さん(たぶん)が頑張っていて、
一人客から小さな子供連れまでOKな雰囲気です。



メニューの一部
jyukuton1712_03.jpg

お得なランチは平日のみになった模様。
他には京都中勢以の熟成豚といった高級メニューもあり。
結構周りが頼んでいてオオッと思った(笑)
ダイエット中(?)だったので、ロースカツ定食を注文しました。



調味料
jyukuton1712_04.jpg

スパイシーな辛口ソース、フルーツの入った甘口ソース、甘い屋久島醤油、
アンデス岩塩、柚子ドレ、ゴマドレ。
いろいろ試しましたが、個人的には辛口ソースが好みでした。



ロースカツ定食 1,250円(税抜)
jyukuton1712_05.jpg

注文してから30分以上待ちました、覚悟のうえです。
艷やかに揚がったカツがキレイだね。
生姜がほんのり効いた白味噌の豚汁。
ねっとりとした豚肉の佃煮。
これだけで大盛りご飯が食べられるわ。



ロースカツアップ!
jyukuton1712_06.jpg

ピンクに揚がったカツの断面がきれい。
プリッとした弾力があって、肉汁がじわり。
端部分の脂身が甘いね。
衣はピタッと付いていて、少し柔らかめかな。
もっとでかいサイズを頼めばよかった!


相変わらずうまいトンカツでした。
豚汁、佃煮、ご飯、漬物といった脇役もいいね。
今ではすっかり人気店ですが、親切な接客は変わらず。
待ち時間が長いのはツライけど、それくらい我慢します。
どうもごちそうさまでした。


「熟豚(じゅくとん)」
京都府京都市山科区竹鼻西ノ口町57-1
11:30~14:30
17:30~21:30(金土日祝は22:00まで)
木曜休み
PHONE 075-595-0295
https://www.facebook.com/tonkatujyukuton/


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!
米と天ぷら 悠々 兵庫県尼崎市南塚口町
2017年09月23日 (土) | 編集 |
阪急塚口にある「悠々」さん。
今年オープンした天ぷら屋です。
土曜にふらっとお邪魔しました。



駅の南側、ちょっと目立たない所にあります
yuyu1708_01.jpg

実は、同じ塚口の「うどん工房 悠々」の姉妹店。
そちらにもお邪魔したことがありますが、
細打ちの繊細なうどんでした。



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
yuyu1708_02.jpg

当然メニューは天ぷらオンリー。
夜は天ぷらを肴に日本酒も楽しめるみたい。
今日はおとなしく(?)天丼を注文しました。



夏の天ぷらどんぶり 950円+ご飯少し多め50円 (税別)
yuyu1708_03.jpg

わおっ、見た目がキレイですね。
ピンク色のサワーキャベツ、セロリの浅漬、すまし汁。
どれも丁寧に作られています。



天丼アップ!
yuyu1708_04.jpg

盛り付けが派手だね~
えのき茸がまるで屏風みたい。
ゴーヤと茗荷が夏って感じかな。
衣薄めにカラッと揚げられた天ぷら。
つゆは濃い目でご飯が進みます。


ふらっと入ったけど、いい店でした。
女性店主の感性かな、料理の見た目もキレイ。
衣薄めの上品な揚げ方だったので、
天ぷら定食の方がより味わえたかも。
今度は夜に来ようかな。
どうもごちそうさまでした。


「米と天ぷら 悠々」
兵庫県尼崎市南塚口町2-15-28
11:00~15:00
17:00~21:00
月曜休み
PHONE 06-7709-4996
https://ja-jp.facebook.com/米と天ぷら-悠々-498039287200969/


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!
竹田丸福  大分県竹田市大字竹田町
2017年06月14日 (水) | 編集 |
滝廉太郎の「荒城の月」のモデルで有名な岡城。
その岡城のある竹田に行ってきました。
大分から豊後竹田まで電車で一時間。



駅から歩いて5分ほど
marufuku1705_01.jpg

岡城を見学した後、街並みをぶらり。
正直、人通りは少ないのですが(失礼!)、
この「竹田丸福」さんは大変賑わっていました。
大分駅にもここの出店があったな。人気ですね。



店内の様子
marufuku1705_02.jpg

店内は、ジス・イズ・食堂って感じ。
元気に注文を取る店員さんに、賑やかなお客さん。
他と少し違うのは、客の多くが唐揚げを注文するとこでしょうか。



メニュー(クリックすると拡大します)
marufuku1705_03.jpg

丸福さんが養鶏と養豚をしているだけあって、鶏と豚料理中心です。
ちゃんぽんがあるのが九州だね。
人気のとり天定食を注文しました。



とり天定食 620円
marufuku1705_04.jpg

シンプルイズベスト。
とり天のボリュームがいいね。
千切りキャベツはフンドーキンのドレッシングでいただいたよ。
(フンドーキンは大分のしょうゆ会社。キッコーマンみたい)



とり天アップ!
marufuku1705_05.jpg

揚げ立ての熱々だわ。
とり天というと胸肉のあっさりとしたとこも多いですが、
こちらはもも肉なのでとてもジューシー。
適度な弾力と柔らかさ。旨いね。


パクパク食べて完食。
地元のお客さんも多い、飾らない食堂でした。
9:30から中休みなしで営業しているのも便利です。
安くて旨くて人気があるのも頷けます。
どうもごちそうさまでした。


「竹田丸福」
大分県竹田市大字竹田町550-6
9:30~22:00
PHONE 0974-63-3457


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!