たまの休みくらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
竹田丸福  大分県竹田市大字竹田町
2017年06月14日 (水) | 編集 |
滝廉太郎の「荒城の月」のモデルで有名な岡城。
その岡城のある竹田に行ってきました。
大分から豊後竹田まで電車で一時間。



駅から歩いて5分ほど
marufuku1705_01.jpg

岡城を見学した後、街並みをぶらり。
正直、人通りは少ないのですが(失礼!)、
この「竹田丸福」さんは大変賑わっていました。
大分駅にもここの出店があったな。人気ですね。



店内の様子
marufuku1705_02.jpg

店内は、ジス・イズ・食堂って感じ。
元気に注文を取る店員さんに、賑やかなお客さん。
他と少し違うのは、客の多くが唐揚げを注文するとこでしょうか。



メニュー(クリックすると拡大します)
marufuku1705_03.jpg

丸福さんが養鶏と養豚をしているだけあって、鶏と豚料理中心です。
ちゃんぽんがあるのが九州だね。
人気のとり天定食を注文しました。



とり天定食 620円
marufuku1705_04.jpg

シンプルイズベスト。
とり天のボリュームがいいね。
千切りキャベツはフンドーキンのドレッシングでいただいたよ。
(フンドーキンは大分のしょうゆ会社。キッコーマンみたい)



とり天アップ!
marufuku1705_05.jpg

揚げ立ての熱々だわ。
とり天というと胸肉のあっさりとしたとこも多いですが、
こちらはもも肉なのでとてもジューシー。
適度な弾力と柔らかさ。旨いね。


パクパク食べて完食。
地元のお客さんも多い、飾らない食堂でした。
9:30から中休みなしで営業しているのも便利です。
安くて旨くて人気があるのも頷けます。
どうもごちそうさまでした。


「竹田丸福」
大分県竹田市大字竹田町550-6
9:30~22:00
PHONE 0974-63-3457


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!
熟豚(じゅくとん) 京都市山科区御陵上御廟野町
2016年12月12日 (月) | 編集 |
御陵にある「熟豚」さん。
人気急上昇中のとんかつ屋です。
10ヶ月振りにお邪魔しました。



店の外観
jyukuton1610_01.jpg

地下鉄御陵駅から徒歩7,8分。
頑張れば山科駅からも歩けます。
近くには天智天皇陵もあるんだな。(こんなところに?)



カウンター席のみ
jyukuton1610_02.jpg

開店早々に伺ったのですが既に先客が!
その後も次々にお客さんや予約が入って来て、
15分ほどで既にほぼ満席!
弁当の注文もどんどん入ってました。



メニュー(クリックすると拡大します)
jyukuton1610_03.jpg

jyukuton1610_04.jpg

いわゆる基本メニューです。
他にも店内に貼ってありますが見きれません。
がっつりとリブロースかつ定食を注文しました。
周りではサービスメニューが人気みたい。



卓上の調味料
jyukuton1610_05.jpg

アンデスの塩,オジカソース,屋久島醤油(トロリとして甘い)。
キャベツ用のドレッシングもちゃんとありますよ。



リブロースかつ定食 1,300円(外税)
jyukuton1610_06.jpg

15分少し待ったでしょうか。
揚げ立てのリブロースかつの登場。
相変わらずのボリュームです。



山盛りご飯
jyukuton1610_08.jpg

店員さん「ご飯は大盛りにしますか?」
私「お願いします。(もちろんじゃい!)」
その結果がてんこ盛りのご飯(笑)
しかもこのご飯が美味しんだ。



リブロースかつアップ!
jyukuton1610_07.jpg

断面から肉汁が染み出してます。
非常に肉々しい味わいで、
まさにトンカツを喰ってるんだと実感。
尻尾の脂身感もすごい。
ヒレカツ派の人はNGかも(笑)

カツと豚汁とご飯を堪能し完食。
味もボリュームも値段も全て文句なし。
こりゃ人気が出るのも分かるね。
ただ店長が次から次に入る注文をこなすのに必死で、
余裕が無さそうなのが少し心配。
どうもごちそうさまでした。


「熟豚(じゅくとん)」
京都市山科区御陵上御廟野町7
11:30~14:30
17:30~21:30
木曜休み
PHONE 075-595-0295

PS
食べ過ぎたと腹を押さえながら店を出たら、
名古屋にいるはずの後輩に声を掛けられてびっくり!
たまたまこっち方面に出張があって、
翌日立ち寄ったとのことだけど・・・
この後、難波に酔っぱらい二人の誕生(笑)


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!
天麩羅 神いし 松江市内中原町
2016年02月17日 (水) | 編集 |
寒くて雨の降っている松江。
目当ての店が臨時休業で途方にくれる私。
午前中にバスから見かけて気になって店が
近くにあるのを思い出し行ってみる(少し投げやり)



明かりが嬉しい!
kamiishi1601_01.jpg

お邪魔したのは天ぷら「神いし」さん。
高かったらパスしようと思っていたら、
天丼1,050円からで安心(ホッ)

店内はカウンター席とテーブル席。
お一人様なのでカウンター席にご案内。
隣に家族連れが居て緊張せずに済んだ(笑)



亀齢 550円
kamiishi1601_02.jpg

十四代が置いてあった!(1,000円オーバーだったけど)
安牌の広島の亀齢を頼んだら、
ワイングラスに注いでくれてビックリ。
お酒はちゃんと冷蔵庫に保管していて、
早くも当たりを引いた予感。



海老天丼 1,200円
kamiishi1601_03.jpg

海老が5本も載っていて感激。
「お好みで塩でどうぞ」って、
天丼で言われたのは初めてだ。
つゆは別添えのとっくりで。



海老天丼アップ!
kamiishi1601_04.jpg

揚げ立てのサクッと揚がった天ぷら。
衣が軽くてとても食べやすい。
天種は海老・ししとう・ナス・玉ねぎ。
海老は火は通っているけど固くなく、
ご主人の腕が分かります。


とても上品な天ぷらでした。
日本酒の取り扱い方から予想出来ましたが、
きっちりとしたお店でした。
コースが2,500円からあったので、
これを頼んでも良かったな。
いい意味で予想を裏切ってくれました。
どうもごちそうさまでした。


「天麩羅 神いし」
松江市内中原町127
11:30~14:00
17:00~21:00
日祝休み
PHONE 0852-32-1646

観光客はほとんど来ないみたい。
松江には天ぷら屋が少ないとのことですので、
頑張ってほしいな。



美保神社(おまけ)
mihojinjya1601.jpg


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!