たまの休みくらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
うずら家 長野県長野市戸隠
2018年09月09日 (日) | 編集 |
戸隠蕎麦の有名店「うずら家」さん。
戸隠神社に参拝した際に立ち寄りました。



開店前にこの賑わい(序の口)
uzuraya1808_01.jpg

長野駅からバスで1時間ほど。
戸隠って神秘的なイメージを勝手に持っていたけれど、
シーズンは観光客でとても賑わっています。

この日は10時開店で、約20分前に着きましたが、既に出遅れ。
入口で席待ち表に時刻と名前を記入するのですが、
一番最初の人はなんと4時台に記入!
11時頃案内見込とのことでしたが、実際には12時半頃の案内でした・・・



店内の様子
uzuraya1808_02.jpg

やっと入店できた店内は本当に普通。
店員さんたちにはせかせかした雰囲気はなく、
のんびりとした空気が流れています。
あんなに待ったのは夢だったみたい。



メニュー(クリックすると拡大します)
uzuraya1808_03.jpg

uzuraya1808_04.jpg

メニューには丼はなく、蕎麦と肴で勝負。
日本酒にいい銘柄を置いているなとめちゃ感心(そこかよ)



そば茶と漬け物
uzuraya1808_07.jpg

そばの前に漬け物が出るのが信州らしい。
きゅうりの漬け物は旨味のある醤油味。
ポリポリといただきます。



わさび
uzuraya1808_08.jpg

薬味用のわさび。
そばが出てくるまでスリスリさせていただきます。
こういうサービスいいね。



川中島 幻舞 780円
uzuraya1808_05.jpg

川中島 幻舞は酒千蔵野の日本酒。
きれいな味わいで旨味もある。旨いな。
突き出しはナスとキノコの煮付け。
居酒屋と違って、この突き出しはタダだった(笑)



大盛ざるそば 1,050円
uzuraya1808_06.jpg

戸隠そばといえば、独特のぼっち盛り。
水切りしないので、文字通り“水々しい”のが特徴です。
そこはかとなく蕎麦の香り。
腰はあるがごわごわしておらず、しなやかな食感。
汁はいい塩梅でちょうどいい。量もたっぷり。
なめらかな女性的な蕎麦だと感じました。


とても居心地のいい店でした。
超人気店ですが、店内はゆっくりとした雰囲気なのもいい。
また、突き出しがサービスで、薬味に本わさび1本がつくなど、
太っ腹なところも人気の理由のひとつかな。
個人的にはオフシーズンに肴で日本酒を楽しみたいな。
どうもごちそうさまでした。

「うずら家」
長野県長野市戸隠3229
10:30~16:00(繁忙期や連休には10時開店あり)
水曜休み(祝日の場合は前日休み)
PHONE 026-254-2219
https://uzuraya.nagano.jp/


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!
麺工房なか 福岡県福岡市中央区
2018年05月23日 (水) | 編集 |
大名にある「麺工房なか」さん。
福岡で筑後うどん(久留米)を出すお店です。
赤坂駅から歩いて3分ほど。



店の外観
naka1805_01.jpg

店はこぢんまりとした外観。
ひっきりなしにお客さが出入りしています。



メニュー(クリックすると拡大します)
naka1805_02.jpg

店内はカウンター席のみ。
メニューはうどんと飯類(いなり・おにぎり)のみ。
注文はぶっかけうどんにごぼう天をトッピングしました。
ごぼう天と肉うどんが人気のようでした。


ぶっかけうどん・ごぼう天 600円
naka1805_03.jpg

麺は細めのしなやかな平打ち麺。
博多って、ぶつ切りが標準だと思っていたので意外です。
滑らかに喉越し良くいただけます。
汁があっさり。ワサビが添えてあり、さっぱりといただけます。
ごぼう天が香ばしくて、いいアクセント。


するすると食べて完食。
うどんのしなやかさが印象に残りました。
これが筑後うどんの魅力なのか?
お店の方の接客が丁寧で居心地がいい。
どうもごちさうさまでした。


「麺工房なか」
福岡県福岡市中央区大名2-11-10
11:00~15:00
日月祝休み


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!
神代そば 島根県松江市
2018年02月21日 (水) | 編集 |
松江といえば、出雲そば。
小泉八雲記念館近くの「神代そば」にお邪魔しました。



立派な外観
kamiyo1801_01.jpg

実は神代そばには20年以上前に訪れたことがあります。
その時は駅とお城の間にあって、こぢんまりしていました。
すっかり大きくなっちゃって。



店内の様子
kamiyo1801_02.jpg

テーブル席主体の民芸調の店内。
接客ははきはきした男子アルバイト(かな?)
観光客も多いんでしょうね、割子そばの食べ方もありました。



メニュー(クリックすると拡大します)
kamiyo1801_03.jpg

kamiyo1801_04.jpg

やはり名物の割子そばをいただかなくちゃ。
とろろご飯も頼むつもりだったけど、朝食をしっかり取ったので断念。
もう若くないなー(しみじみ)



割子そば 930円
kamiyo1801_05.jpg

kamiyo1801_06.jpg

食べる前から蕎麦の香りがする!
出雲そばにしては少し色白さんですね。
キレイに切られていて、十割なのに長め。
固めでしっかりとした歯応えがあって美味い。
汁は濃厚でトロリとしているが、甘くなく辛くなく。


蕎麦の香りがしっかり楽しめる、品のあるそばでした。
観光地近くにあるのに本物ですね。
そばも良かったけど、とろろご飯も食べたかったな(まだ言ってる)
どうもごちさうさまでした。


「神代そば」
島根県松江市奥谷町324-5

11:00~15:00
水曜休み
PHONE 0852-21-4866
http://www.e-kamiyo.jp/


松江城
matsuejyo1801.jpg


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!