たまの休みくらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
東風(こち) 松江市雑賀町
2018年02月18日 (日) | 編集 |
出雲観光の後は松江に移動。
宿に入る前に夕食を取らねば!(食うことばっか)
2年振りに「東風(こち)」さんにお邪魔しました。
夜に蕎麦を食べようと思うと選択肢が少ないのです・・・



店の入口
kochi1801_01.jpg

kochi1801_07.jpg

夜の営業は木・金・土のみ。危ねーな。
店が松江城や繁華街と駅を挟んだ反対側にあるので、
夜はお客さんが少なかったのかなと余計な心配。



メニュー(クリックすると拡大します)
kochi1801_02.jpg

静かな雰囲気の店内。
ご主人と奥さん(?)の二人体制。
蕎麦は二八か十割が選べます。
悩んだ挙句、ぶっかけ蕎麦と割子蕎麦を注文しました。



かまあげそば(二八)
kochi1801_03.jpg

これが初めてのかまあげそば。
熱いそば湯の中に蕎麦が浸かっています。
最初はしっかりした蕎麦が次第に柔らかく馴染んでいくに連れ、
そば湯がますますとろっとしていきます。
この一体感がいいね。



割子そば(十割・2段)
kochi1801_04.jpg

kochi1801_05.jpg

3段は多いかなと2段でお願いしたところ、快諾いただきました。
濃い目の汁。短目で固めでしっかりした歯応え。
キリッとした男前な蕎麦。


凛とした気品があって、
やっぱりこの店の蕎麦は美味いね。
店も静かな雰囲気で落ち着きます。
温まるかまあげ、力強い割子。
どうもごちさうさまでした。


「東風(こち)」
松江市雑賀町字津田海道237-3
11:30~14:30
17:30~21:00(木金土のみ)
日月休み
PHONE 0852-67-2618


島根県立美術館の宍道湖うさぎ
usagi1801_01.jpg


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!
東風(こち) 松江市雑賀町
2016年02月10日 (水) | 編集 |
島根に旅行に行ってきました。
出発の際に大雪が降ったせいでバタバタしましたが、
松江はそれほど積もってなくて一安心。



蕎麦屋の東風さん
kochi1601_01.jpg

一軒目に寄った寿司屋を外して、
気が収まらず別の店へ行くことを決意。
出雲そばの「東風」さんへ。
松江駅から南に徒歩10分ほど。
観光地(松江城,宍道湖)とは反対ですね。



店内の様子
kochi1601_02.jpg

真面目そうなご主人が一人。
カウンター席中心の店内は小料理屋のよう。
2014年にオープンした新興勢力(?)で、
お店は居抜きのようですね。



メニュー(クリックすると拡大します)
kochi1601_03.jpg

ちょっとした肴と蕎麦のみのメニュー。
本当はちょっとつまみたかったけど、
割り子そばを十割で注文。
ご主人が念入りに水切りしていたのが印象的でした。



割り子そば(十割) 750円(税別)
kochi1601_04.jpg

分かり難いけど割子は3段。
薬味は大根おろし・ねぎ・鰹節・海苔。
蕎麦湯も最初に出てくるのが割子そば(?)
一段目を食べ終わると二段目に残った汁を注ぎ、
最後は蕎麦湯に注ぐのが割り子そばの食べ方(らしい)



そばアップ!
kochi1601_05.jpg

粒々が見える挽きぐるみ。
蕎麦は太めで短く切れているので、
チュルチュル啜れないのでしっかり噛む。
噛んだときの蕎麦の香りと甘みが強いね。
これはとても力強い蕎麦だ。
汁も甘からず辛からずいい塩梅。


最後にさっぱりとした蕎麦湯をいただいて完食。
東京の蕎麦とは違う蕎麦が楽しかったです。
出雲そばは有名だけど、
昼しか営業していない店が多い印象。
そういう意味ではとても貴重なお店。
駅の南側で観光客向けではないですが、
真面目ないい店だと思います。
どうもごちそうさまでした。


「東風(こち)」
松江市雑賀町字津田海道237-3
11:30~14:30
17:30~21:00(木金土のみ)
日月休み
PHONE 0852-67-2618

一軒目のイライラが少し収まって旅館へ。
俺って単純だな(笑)


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!