たまの休みくらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
ふじたや 広島県廿日市市宮島町
2016年07月04日 (月) | 編集 |
穴子といったら宮島!
厳島神社で有名な宮島に行ってきました。
学生の時以来だから、ウン十年ぶりか・・・



穴子のふじたや!
fujitaya1606_01.jpg

厳島神社を観光した後、
どうせなら本物(?)の穴子めしが食べたい。
広島ミシュラン一つ星の「ふじたや」さんへ。
前に二組しか居なかったけど、
30分近く待ちました(暑い~)



メニュー
fujitaya1606_02.jpg

基本メニューはあなごめしだけ。
一人一人前頼むことが必須なので、
子供連れだとツライかもしれません。
店内は古びた鰻屋のような雰囲気。



あなごめし 2,300円
fujitaya1606_04.jpg

20分くらい待って登場。
注意、注意、丼がめっちゃ熱いの!
固めに炊かれたご飯も熱々。
汁物には帆立が入ってました。



あなごめしアップ!
fujitaya1606_05.jpg

穴子は蒸しが中心なのか、
ほっこりとしてあっさり目。
タレもあっさりしているので、
意外とサッパリ上品な味付けです。
これがミシュランか・・・

パクパクと食べて完食。
やはり鰻に比べるとあっさりしてるね。
個人的にはもう少し香ばしくて濃い味の方が好きだけど、
素材の味を活かした上品な穴子でした。
滅多に来れない宮島の良い思い出です。
どうもごちそうさまでした。


「ふじたや」
広島県廿日市市宮島町125-2
11:00~17:00 ※売れ切れじまい
不定休
PHONE 0829-44-0151


厳島神社の大鳥居(おまけ)
fujitaya1606_06.jpg


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!
大はかや 松江市西浜佐陀町
2016年02月20日 (土) | 編集 |
出雲大社に参拝した後、
一畑電車で松江に帰る途中に、
松江イングリッシュガーデン前で下車。
向かったのは鰻の「大はかや」さん。



店の外観
oohakaya1601_08.jpg

oohakaya1601_02.jpg

国道431号線沿いにあって、
駅から徒歩5分ほど。
手前の白い建屋が入口かと思ったら、
赤い屋根の民家のような方だった(笑)
(両方とも店舗みたいです)



店内の様子
oohakaya1601_03.jpg

入口側の小上がりにご案内。
奥にはテーブル席もありました。
人気店と聞いていましたが、
平日の午後営業直後だったので貸切状態。



メニュー(クリックすると拡大します)
oohakaya1601_04.jpg

メニューは鰻のみ。
並・上・特に違いは鰻の量。
うざくや焼き肝といった一品があるのに、
なぜかアルコールは見当たりませんでした。
(別に飲む気だったわけじゃないですよ)



貼り紙
oohakaya1601_05.jpg

店内にはサイン色紙や貼り紙があって、
気になったのはこの文言。
“中年”もがっつりかさね二段を頼まなきゃ。



うなぎ丼 重ね二段(3,650円)+ご飯大盛り(100円)
oohakaya1601_09.jpg

後悔しないようにがっつり行ったった。
メニューには“うなぎ丼”あったけど、
重箱にぎっしりご飯が詰まってます。
肝吸いには桜(?)が入っていて洒落てます。



鰻アップ!
oohakaya1601_07.jpg

大ぶりの鰻は地焼きとのことですが、
意外と柔らかくてビックリ。
小骨も無く、皮もすっと噛み切れるのは流石。
鰻の脂がじゅわっと口の中に広がり美味。
たれは甘く濃厚でトロリとしていて、
炭焼きのおかげかバーベキューのような香ばしさ。
これだけでもご飯一膳はいける。


ご飯の間にも鰻が埋まっていて満足。
とても野趣あふれる味わいでした。
久し振りにゲップが出るくらい鰻を堪能。
松江旅行最後の食事を無事締めれました。
どうもごちそうさまでした。


「大はかや」
松江市西浜佐陀町304
PHONE 0852-36-8652

私が訪問した時は、
朝は10:00から、間に休みをとって15:30からの営業でした。
事前に営業日時を確認したほうが安心だと思います。



出雲大社(おまけ)
izumo.jpg


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!
清月 愛知県名古屋市東区
2015年05月14日 (木) | 編集 |
昼に「木屋」でひつまぶしをいただいた後、
熱田神宮や徳川園をぶらぶら。
せっかく名古屋に来たので、
夕飯でも鰻を食べましょうか。



徳川園すぐ
seigetsu1504_01.jpg

訪問したのは「清月」さん。
鶴舞の人気店「うな富士」から独立した人が
オープンした新しいお店です。



店内の様子
seigetsu1504_02.jpg

シックにまとめらている店内。
ジャズのかかる今どきの雰囲気。



メニュー(クリックすると拡大します)
seigetsu1504_03.jpg

もちろんメニューは鰻のみ。
「うな富士」譲りの肝入りうな丼が有名ですが、
肝の入手がままならず休止中とのこと。
観光客らしくひつまぶしを注文しました。



ひつまぶし 2,950円
seigetsu1504_04.jpg

やっぱりひつまぶしは見栄えがいいわ。
ご飯の上にびっしりと敷き詰められた鰻。
もちろん吸い物は肝入りでした。



ひつまぶしアップ!
seigetsu1504_05.jpg

「木屋」よりも浅めの焼き上がり。
師匠の「うな富士」によく似てますね。
香ばしく焼かれた鰻がほっこり。
タレの甘さと量が少し控えめなので、
鰻本来の旨味がしっかり味わえます。
ご飯の量もたっぷりなので、
薬味や出汁をかけたりしても楽しめました。

すっかりお腹パンパン。
食べ応えのあるひつまぶしでした。
「木屋」と比べるとあっさり目なので、
こちらが好みの方もいると思います。
夜も営業しているので使い勝手もいいしね。
徳川園見学の後にぜひどうぞ。
どうもごちそうさまでした。


「清月」
愛知県名古屋市東区徳川町2502
11:00~14:00
17:00~20:00
火曜,第2月曜休み
PHONE 052-932-6566


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!