たまの休みくらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
金澤どぜう きふじん 石川県金沢市中橋町
2018年09月05日 (水) | 編集 |
金沢の名物といったらなんだろう?
寿司や会席なんでしょうが、庶民なところで“どじょう”かな?
手頃な価格で楽しめそうな「きふじん」さんに行ってみました。



店の外観
kifujin1808_01.jpg

金沢駅から歩いて10分弱。
「きふじん」といった店名ですが、ラーメン屋みたいな外観です(失礼!)



店内の様子
kifujin1808_02.jpg

ご夫婦(?)が出迎えてくれました。
コの字型のカウンターテーブルで飲み屋みたい。
店主がしゃべりでとてもフレンドリー(笑)



メニュー(クリックすると拡大します)
kifujin1808_04.jpg

kifujin1808_03.jpg

どじょうメニューは、蒲焼,,唐揚げ,なんと“かばかつ(!?)”。
どうしようかなと悩んでいたら、店主曰く、「鰻もよく出る」。
結局は、うな重に決定(意志薄弱)
鰻かばやき(大きさで変わる)+ご飯400円とのこと。



お茶
kifujin1808_05.jpg

焼きは奥さんがするようで、店主が出してくれました。
この後、山椒はミルで出したり、意外と気配りやさん。
「金沢で本格的な鰻が食べれる店は意外と少ないよ」って自信たっぷり。



うな重 3,900円
kifujin1808_06.jpg

重箱を埋め尽くす鰻に歓喜!
肝吸いと奈良漬も付いてます。
うな重にサラダも付いているのは珍しいな。



うな重アップ!
kifujin1808_07.jpg

見た目は白焼きっぽいなと思いましたが、タレの甘みがしっかり。
肉厚の鰻なので、クリスピーよりもずしっとした食べ応え。
本当にボリュームがあって、米より鰻が多いんじゃないの?
小骨も全く無く気になりませんでした。


わしわし食べて完食。
鰻を食べたという満足感が最高!
焼きがとても丁寧で、レベルの高い鰻でした。
「きふじん」という店名と外観に騙されちゃいかん。
どうもごちそうさまでした。


「金澤どぜう きふじん」
石川県金沢市中橋町1-13
11:00~15:00
17:00~21:30
日祝休み


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!
上村うなぎ屋 熊本県人吉市紺屋町
2018年08月05日 (日) | 編集 |
九州に行ってきました!
熊本の人吉は以前から訪れたい街でした。
“球磨焼酎”でも有名ですね。



上村うなぎ屋!
uemura1807_01.jpg

憧れだった「上村うなぎ店」さん。
10年以上前から来たかったんです。でも人吉は遠くて・・・
いや、じーんときますな。



店内の様子
uemura1807_02.jpg

uemura1807_03.jpg

店内は古民家風。テーブルに囲炉裏もあったりね。
鰻屋だけあって、うなぎの寝床のように奥行きがあります。
店員のおばちゃん達が慌ただしく動き回ってます。



メニュー(クリックすると拡大します)
uemura1807_04.jpg

uemura1807_05.jpg

メニューは当然鰻のみ。
うなぎ会席は6,500円か。昔は3千円位だったのにな・・・
年々値上がりするのをネットで観て悔しがってました(笑)
残念ながらお腹が空いていなかったので、うな重を注文しました。



うな重 2,900円
uemura1807_06.jpg

敷き詰められた鰻の蒲焼。いいね!
タレは別に添えられており、お好みでどうぞとのこと。
吸い物は肝なし。漬け物はキュウリ二切れ。質素だ(笑)



うな重アップ!
uemura1807_07.jpg

表面がサクッと焼かれており、香ばしい。
身は肉厚でじゅわっと脂が染み出て旨い!
タレはほとんどかかっておらず、鰻そのものを味わえる。
小骨や臭みは全く気にならず、丁寧な仕事ぶりです。
さらっとした甘いたれをかけても旨し。


じっくりと味わって食べて完食。
期待通りのレベルの高い鰻でした。
九州は甘い味付けという印象がありましたが、
今回の鰻は素材と焼き方で勝負という直球な味わいでした。
次はぜひ、うなぎ会席にチャレンジしなければ。
どうもごちそうさまでした。


「上村うなぎ屋」
熊本県人吉市紺屋町129
10:00~15:00
17:00~21:00
PHONE 0966-22-3312

今回は平日11:00頃だったので待ちなく入れましたが、
11:30過ぎには行列が出来始めてました。
予約不可だし、10:00開店なので早めの訪問が吉だと思います。


人吉城の石垣
hitoyoshi1807_01.jpg

この日は急な豪雨に3度あって本当に参った。傘無いし・・・



最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!
ふじたや 広島県廿日市市宮島町
2016年07月04日 (月) | 編集 |
穴子といったら宮島!
厳島神社で有名な宮島に行ってきました。
学生の時以来だから、ウン十年ぶりか・・・



穴子のふじたや!
fujitaya1606_01.jpg

厳島神社を観光した後、
どうせなら本物(?)の穴子めしが食べたい。
広島ミシュラン一つ星の「ふじたや」さんへ。
前に二組しか居なかったけど、
30分近く待ちました(暑い~)



メニュー
fujitaya1606_02.jpg

基本メニューはあなごめしだけ。
一人一人前頼むことが必須なので、
子供連れだとツライかもしれません。
店内は古びた鰻屋のような雰囲気。



あなごめし 2,300円
fujitaya1606_04.jpg

20分くらい待って登場。
注意、注意、丼がめっちゃ熱いの!
固めに炊かれたご飯も熱々。
汁物には帆立が入ってました。



あなごめしアップ!
fujitaya1606_05.jpg

穴子は蒸しが中心なのか、
ほっこりとしてあっさり目。
タレもあっさりしているので、
意外とサッパリ上品な味付けです。
これがミシュランか・・・

パクパクと食べて完食。
やはり鰻に比べるとあっさりしてるね。
個人的にはもう少し香ばしくて濃い味の方が好きだけど、
素材の味を活かした上品な穴子でした。
滅多に来れない宮島の良い思い出です。
どうもごちそうさまでした。


「ふじたや」
広島県廿日市市宮島町125-2
11:00~17:00 ※売れ切れじまい
不定休
PHONE 0829-44-0151


厳島神社の大鳥居(おまけ)
fujitaya1606_06.jpg


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!