たまの休みくらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
本家鶴喜そば本店 滋賀県大津市坂本
2017年10月28日 (土) | 編集 |
比叡山と日吉大社の門前町で有名な坂本。
鄙びた雰囲気の中で唯一(?)行列が出来る蕎麦屋である、
「本家鶴喜そば本店」にお邪魔しました。



老舗の貫禄
tsuruki1710_01.jpg

歴史を感じる佇まい。
実は学生の頃に一度来たことがあるのですが、
ここまで混んでたかなと記憶が曖昧。年ですね(笑)



店内の様子
tsuruki1710_02.jpg

入口近くには普通のテーブル席もありますが、
奥の部屋に案内いただきました。
畳敷きに椅子とテーブというアンバランスが楽しい。
窓から見える庭も雰囲気があって、これだけでも満足です。



メニュー(クリックすると拡大します)
tsuruki1710_03.jpg

tsuruki1710_04a.jpg

tsuruki1710_05a.jpg

蕎麦屋なので、当然蕎麦が主役。
最近涼しくなってきたので「かけそば」、はちょい寂しいので、
鳥なんばんそばを注文しました。



お茶
tsuruki1710_06.jpg

鮮やかな黄緑色のお茶。
滋賀県産の朝宮茶だって。
最澄が唐からお茶の種子を持って帰ったのが始まりだって。へ~



鳥なんばんそば 880円
tsuruki1710_07.jpg

少し透き通った甘みのある汁。
関西風って感じで、身体がじんわり暖まる。
オリジナルの柚子七味を振りかけると、
柚子の香りと七味のピリッとした辛味が加わり、
ますます美味しくなりました。



鳥なんばんそばアップ!
tsuruki1710_08.jpg

やや不揃いに切られた蕎麦はモチっとしていて、
今風のコシの強い蕎麦とは違うね。
驚いたのは鶏ハラミの食感。
とてもプリッとして食べ応えあり。旨い。
青ネギもシャクシャクしていていいアクセント。


うっすら汗をかいて完食。
汁もので温まろう作戦大成功。
老舗だけど庶民的な雰囲気もいい。
店員さんもこまめにお茶を継ぎ足しに来てくれるし、
いい雰囲気の中で食事が出来ました。
どうもごちそうさまでした。


「本家鶴喜そば本店」
滋賀県大津市坂本4-11-40
10:00~18:00
第三水曜休み
PHONE 077-578-0002
http://www.tsurukisoba.com/


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!
とんかつ亭 伊呂波 滋賀県近江八幡市安土町
2015年11月03日 (火) | 編集 |
先日安土へ旅行に行ってきました。
日本100名城の観音寺城に登った後、
とんかつの「伊呂波」さんへ。
体力回復しないと倒れそう・・・



201号線沿いにあります
iroha1510_01.jpg

国道沿いの一軒家。
外にメニューが無いので一人だとちょっと入り難い・・・
(でも入るんだけどね)



メニュー(クリックすると拡大します)
iroha1510_02.jpg

iroha1510_03.jpg

iroha1510_04.jpg

店内にはテーブル席とカウンター席。
昼すぎなのにほぼ満席で、
14時前にも次々にお客さんが入って来ました(人気やね)

“とんかつ亭”とありますが、
メニューも含めて洋食屋っぽい雰囲気です。
特上とんかつ定食を注文しました。
ソースが選べたので基本のとんかつソースで。



特上とんかつ定食 1,430円
iroha1510_05.jpg

盆に乗って登場。
とんかつもご飯もなかなかのボリュームです。
サラダにはゴマドレが付いてきました。



とんかつアップ!
iroha1510_06.jpg

カリッと揚げられた衣。
じわっと肉汁が滲み出ます。
豚肉には熟成が感じられ、
意外にもしっかりした旨味。
脂身もしっかり甘い。
まろやかなソースもいいけれど、
塩や醤油でもおいしくいただきました。

ゆっくり味わって完食。
洋食屋ぽいのであっさり目かなと思いましたが、
豚肉らしい(?)とんかつでした。
レトロな雰囲気もいい味出しているし、
いい店だと思います。
どうもごちそうさまでした。


「とんかつ亭 伊呂波」
滋賀県近江八幡市安土町上豊浦1012
11:30~14:00
17:00~20:30
月曜休み(祝日の場合は翌火曜休み)
PHONE 0748-46-5558


観音寺城への山道はちょっとありえないわ~
膝ガクガク(笑)


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!