たまの休みくらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
はす家 金沢駅前店 石川県金沢市本町
2017年02月25日 (土) | 編集 |
金沢観光の夜。
金沢の繁華街はやはり香林坊か片町です。
駅前のホテルからてくてく歩いている途中に、
「はや家」さんはありました。



駅前からの通り沿いにあります
hasuya1701_01.jpg

暖簾が裏返っているから準備中かと思った(笑)
店前の黒板に“金沢うまい地セット”が載っていたので、
これを食べてみようかな。

深呼吸をして扉を開けると、
店員さんたちが明るく出迎えてくれました。
調理場前のカウンター席に案内いただきましたが、
テーブル席や座敷もあります。



日本酒と突き出し
hasuya1701_02.jpg

日本酒は手取川の「大吟醸吉田蔵」。
すっきりとして飲みやすい酒です。
お通しはハタハタ(たぶん500円)



治部煮
hasuya1701_03.jpg

金沢うまい地セット”のトップは治部煮。
とろみのある醤油味のだし汁で温まる。
具はそぎ切りした鴨肉やすだれ麸。
治部煮って、餡かけって感じの煮物なんやな。勉強になる。



ノドグロ切り身
hasuya1701_04.jpg

“のど黒切り身”と載ってたけど、
半身の焼きで登場です。ビックリ!
昼間の寿司でも思ったけど、
のど黒って白身なのに脂が乗っていて旨いね。



蓮蒸し
hasuya1701_05.jpg

加賀れんこんをすりおろして蒸した料理です。
治部煮と違ってあっさりとしただし汁で、
蓮団子はねっとりとした舌触り。
添えられた蓮根チップスとの食感の対比。


金沢名物が食べられて良かったです。
特に治部煮は初めて食べたので、
醤油だし汁の甘みととろみが印象的でした。
お店の方が気さくで親切なのも好印象。
単品メニューも美味しそう。
どうもごちそうさまでした。


「はす家 金沢駅前店」
石川県金沢市本町1-7-2
17:00~24:00
水曜休み
PHONE 076-260-8482
http://hasuya-ekimae.com/


兼六園
kenrokuen1701.jpg


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!
もりもり寿し 片町店 石川県金沢市片町
2017年02月22日 (水) | 編集 |
金沢に行ってきました!
超久しぶりの金沢は駅から大きく変わっていました。
観光客もとても多いですね。



回転寿司!
morimori1701_01.jpg

金沢城を観光後に立ち寄ったのは「もりもり寿司」さん。
回転寿司なのに新鮮な魚が食べられるんだって。
近江町市場店はめっちゃ混んでいるので、
片町店の方にお邪魔しました。

タイミングよくあっさり座れたけど、
その後グループ客が入ってきて待ち客多数でした。



ぶり3点盛 380円(税抜)
morimori1701_02.jpg

弾力のあるブリ。
脂が乗っていて旨い。
石川でブリは外さないと思う。



のど黒3点盛 700円(税抜)
morimori1701_03.jpg

最近人気急上昇ののど黒(赤むつ)。
身は意外と柔らかく、
白身なのに脂が乗っているね。
ちょい高めだけどミーハーなので満足。



真あじ 260円(税抜)
morimori1701_04.jpg

これは新鮮だ!
やはり青魚は新鮮じゃなきゃ。



地物活生だこ(能登産) 260円(税抜)
morimori1701_05.jpg

活生だこはイカみたい。
ねっとりとした弾力があり、
甘みもありますね。



地物生だら(能登産) 220円(税抜)
morimori1701_06.jpg

身は柔らかめ。
臭みは無くあっさりとした味わい。


回転寿司としてはちょい高めですが、
金沢に来たらノドグロを食べなきゃ!
地物が食べられるのもうれしいかぎり。

翌日近江町店にも伺ったのですが、
こっちの方がいい雰囲気でした。(カードが使えるし)
どうもごちそうさまでした。


「もりもり寿し 片町店」
石川県金沢市片町1−7−23
11:00~15:00
17:00~22:00
水曜休み
PHONE 076-260-4311


金沢城石川門
kanazawacastle1701.jpg


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!
丑寅 大阪市中央区難波千日前
2017年02月18日 (土) | 編集 |
難波にある立ち飲み店の「丑寅」さん。
“裏なんば”人気の火付け役と言ったらこの店でしょう。
開店早々にお邪魔しました。



店の外観
ushitora1701_01.jpg

路地裏にあって、普通の人(?)は気づかないよね。
でもいい店はみんな嗅ぎつけてくるのだ。



メニュー(クリックすると拡大します)
ushitora1701_02.jpg

まっとうな手の入った酒の肴がいいね。
虎徹」「虎食堂」「TRAJI」で見かけるメニューが多数。
というか、ここが源流なんだけどね。



風の森 ALPHA TYPE1 1合 600円(税別)
ushitora1701_03.jpg

奈良の油長酒造の銘柄。
アルコール度を少し低めにした飲みやすいお酒。
洋梨のような香りがいい。



柚子なめろう 450円(税別)
ushitora1701_04.jpg

“なめろう”とは、アジなどの青魚に味噌等を加え、
粘りが出るまで包丁で叩いた料理です。
この店のはブリを使用しているので、
ブリ角切りの柚子味噌和えのような上品な味わい。
柚子と大葉の香りもいい。



鶏唐らっきょタルタル(ハーフ) 250円(税別)
ushitora1701_05.jpg

虎食堂」にもある人気メニュー。
タルタルソースにらっきょうが使用されているので、
意外とさっぱりといただけます。
「虎食堂」のよりもあっさり目。


やっぱり、ここの料理は美味しいね。
だからお酒がより旨いです。
店の雰囲気も見かけによらず(!?)落ち着いていて、
一人飲みの客も気兼ねせずにすみます。
どうもごちそうさまでした。


「丑寅」
大阪市中央区難波千日前15-19
17:00~23:00(平日)
16:00~23:00(土日祝、日祝は22:00まで)
年中無休
http://blogs.yahoo.co.jp/ushitora_1017


最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!