たまの休みくらいはのんびりしたいよね。
ふく郎 青森県青森市安方
2021年02月14日 (日) | 編集 |
青森に出かけた際に、お酒を飲みたくなってきました。
そこで、お邪魔したのは「ふく郎」さん。
飲み歩きで有名な太田和彦氏の「日本100名居酒屋」でも、
紹介されているお店です。



店の外観
fukuro2011_01.jpg

駅からそう離れているわけではありませんが、
人通りの少ない通りに店はありました。
ねぶたの顔が青森ぽいね。



店内の様子
fukuro2011_02.jpg

カウンター席があって、お一人様も大丈夫。
店の雰囲気は時の止まった昭和風。



メニュー
fukuro2011_05.jpg

fukuro2011_06.jpg

メニューは壁に貼ってあります。
魚介料理が多いですね。



冷酒と突き出し
fukuro2011_03.jpg

fukuro2011_04.jpg

日本酒は3種類置いてあり、有名な田酒から。
突き出しは石鯛の煮付けでした。こりゃすごいね。



お刺身ちょっと盛り 980円
fukuro2011_07.jpg

とにかく新鮮です。
白身の魚は石鯛かな。
シャキッとした歯応えの水タコの吸盤と
クニュクニュとした帆立のヒモが特に印象に残りました。



豊盃 純米吟醸 愛娘 770円
fukuro2011_08.jpg

愛娘は「まなむすめ」ではなく、「めご」と読みます。
田酒よりきれいで吟醸香があります。



津軽貝みそ 880円
fukuro2011_09.jpg

青森の郷土料理の貝みそは、魚介の味噌卵とじでした。
いか・しめじ・長ネギ・帆立・水ダコと具だくさん。
甘めの味付けで酒に合いますね。


しっかりと青森の魚介を堪能できました。
まったり静かな雰囲気も良かったです。
今度来るのはいつになるかな。
どうもごちそうさまでした。


「ふく郎」
青森県青森市安方1-10-12
17:00~23:00(土曜は22時まで)
日祝休み
PHONE 017-777-3988




最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!
利き酒家  大阪市中央区千日前
2021年02月07日 (日) | 編集 |
千日前にある「利き酒家」さん。
日本全国の様々な日本酒が飲める小料理屋です。
かなり気に入っていて、ちょくちょく通っています。



店の外観
kikizakeya2011_01.jpg

相合橋筋から少し入ったところに店はあります。
「利き酒屋」さんは凛とした雰囲気があります。



店内の様子
kikizakeya2011_05.jpg

店内はきれいに片付いていて、
カウンター席があるのが嬉しいね。
店員さん(店長?)は一見無愛想ですが、
日本酒にかなり詳しい方です。



食事メニューの一部(クリックすると拡大します)
kikizakeya2011_07.jpg

小料理屋らしい料理が並んでいます。
この店はワインやベルギービールも置いているので、
ラムやホワイトソーセージという料理も載っています。



突き出し
kikizakeya2011_03.jpg

白菜と油揚げの煮物です。
上品な出汁のあっさりとした味わいで、
ツナも入っていました。



Takachiyo 59 純米吟醸 愛山×一本〆 生原酒 400円
kikizakeya2011_02.jpg

「たかちよ」は新潟の高千代酒造の銘柄で、
新潟の淡麗辛口に反する、甘く濃醇な味わいです



小豆入りおぼろ豆腐 350円
kikizakeya2011_04.jpg

濃厚な大豆の旨味。
まるで大豆のカッテージチーズみたい。
小豆はあくまでアクセント。



出雲富士 純米大吟醸 500円
kikizakeya2011_06.jpg

「出雲富士」は島根の富士酒造の銘柄です。
これは磨き40の大吟醸。
甘く、酸味や苦味はほとんどなし。
上品にすっきりとしていて、とても飲みやすい。旨い。



湯葉衣の胡麻豆腐の揚出し 500円
kikizakeya2011_08.jpg

普通の揚げ出し豆腐ではありません。
サクッとした湯葉衣。中からは熱い胡麻豆腐がとろり。
甘いつゆに合いますね。



W 純米 無濾過原酒 400円
kikizakeya2011_09.jpg

「W」は飛騨の渡辺酒造の銘柄です。
現代的なジューシーできれい系な日本酒です。
甘くて、ちゃんと旨味があります。旨いね。

この店は料理がきちんと旨くて、
置いている酒のラインナップが本当に素敵。
微力ながら、応援していきたいと思います。


「利き酒家」
大阪市中央区千日前1-6-6
17:30~23:30(日祝は17:00~23:00)
月曜休み
PHONE 06-6212-1439




最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!
虎徹 大阪市中央区千日前
2021年01月31日 (日) | 編集 |
千日前にある「虎徹」さん。
大阪でも珍しい、様々な地域の日本酒が飲める立ち飲み屋です。



店の外観
kotetsu2011_01.jpg

このご時世、流石に開店前の行列は減っています。
どこの飲食店も大変です。



甲子 純米大吟醸 生原酒 600円
kotetsu2011_02.jpg

甲子(きのえね)と読む千葉の日本酒です。
濃醇ながらフレッシュ。厭味がなく飲みやすい。
この酒蔵の酒は爽やかで飲みやすいです。



せせり塩焼き 350円
kotetsu2011_03.jpg

プリッとした弾力があり、旨味が口の中に広がります。
ボリュームもあり、焼鳥好きに特にお勧め。



蓬莱泉 特別純米 可。 600円
kotetsu2011_04.jpg

蓬莱泉は愛知の関谷醸造の銘柄です。
すっと入る甘みと滑らかさ。
クセが無く、とても飲みやすい。



赤魚西京焼き 400円
kotetsu2011_05.jpg

ホロッとほぐれる白身。
赤魚の風味と西京味噌の甘みが旨い。
この店の焼き物は外れがないですね。


本当にいい店です。
微力ながら、応援していきたいと思います。


「独酌 虎徹」
大阪市中央区千日前2-3-1
17:00~23:00(日祝15:00~21:00)
https://ameblo.jp/kotetu-88/




最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!
ラッキーピエロ マリーナ末広店 北海道函館市末広町
2020年11月23日 (月) | 編集 |
函館の夜景を眺めた後に、
「ラッキーピエロ」さんへお邪魔しました。

「ラッキーピエロは」は函館のみで展開している、
人気のレストラン(ハンバーガーショップ)です。



店の外観
luckypierot2010_01.jpg

お邪魔したのはマリーナ末広店。
函館山から比較的近かったので。



店内の様子
luckypierot2010_02.jpg

luckypierot2010_03.jpg

午後9時過ぎだったためか、お客さんは少なめ。
水や片付けはセルフサービスです。



チャイニーズチキンバーガーとガラナ
luckypierot2010_04.jpg

注文したのはラッキーピエロの超定番チャイニーズチキンバーガー。
それと北海道といえば、ガラナも有名ですよね。



チャイニーズチキンバーガー 350円(税別)
luckypierot2010_05.jpg

甘辛のたれを絡めた揚げたての唐揚げ。
チキンには北海道産の鶏を使用しています。
しゃきしゃきレタスとたっぷりのマヨネーズ。
B級グルメの間違いない旨さ。

ご当地バーガーを美味しくいただきました。
函館でしか食べられないというのがポイント高いね。
どうもごちそうさまでした。

「ラッキーピエロ マリーナ末広店」
北海道函館市末広町14-17


函館の夜景
luckypierot2010_06.jpg




最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!
あじさい 本店 北海道函館市五稜郭町
2020年10月11日 (日) | 編集 |
突然ですが、函館に行ってきました!
函館のB級グルメと言えば、塩ラーメンとラッキーピエロ。
取り急ぎ、塩ラーメンとやっつけてきました。



店の外観
ajisai2010_01.jpg

ラーメン屋の「あじさい」さん。
塩ラーメンの本家と言われています。
五稜郭に行く前に腹ごしらえ。



メニューの一部(クリックすると拡大します)
ajisai2010_02.jpg

階段を上った入り口にある券売機。
迷わず味彩塩ラーメンをタッチしました。
店名のあじさいは、「紫陽花」じゃなくて「味彩」なのね。



味彩塩ラーメン 800円
ajisai2010_03.jpg

着席して、5分以内に来た。めっちゃ早い!

きれいに澄んだスープ。
魚介の旨味があり、しっかり塩味。
パツンパツンと歯切れのよい細麺。
具に麩が入っているのが珍しいね。



調味料
ajisai2010_04.jpg

塩味にやや慣れてきたら、調味料で味変だ。
蝦夷胡椒は粗挽きブラックペッパーの刺激。
蝦夷ラー油は昆布等が入り、辛味に旨味プラス。


パパっと食べて感触。
纏まりのよい上品系塩ラーメンでした。
塩もしっかり効いていて、味変すればスパイシーに早変わり。
大変美味しゅうございました。
どうもごちそうさまでした。


「あじさい 本店」
北海道函館市五稜郭町29-22
11:00〜20:25(ラストオーダー)
第4水曜休み(祝日の場合は翌日)
PHONE 0138-51-8373
http://www.ajisai.tv/


おまけ(五稜郭)
ajisai2010_05.jpg

五稜郭タワーから見下ろした五稜郭。
入場料900円は高いと思ったけど、面白い形ですね。




最後までお読みいただいて、ありがとうございました。
応援クリックいただけると励みになります!